スタッフブログ

外壁のメンテナンスのタイミングとは。点検・補修の目安は?

こんにちは、近鉄のリフォーム「ニューイング」です。

 

住宅の外観の印象を決めるだけでなく、住宅内部に水や汚れが侵入するのを防いでくれる大切な役割もするのが外壁。

常に雨風や直射日光にさらされている場所のため、経年とともに劣化していきます。

外壁メンテナンス

外壁はメンテナンスを行わないと、塗装の剥がれや外壁の破損につながり、修繕費が高くついてしまうことも。

適切な時期にメンテナンスを行い、外壁の美しさや機能を保つことが大切です。

今回は、外壁のメンテナンスの目安や期間について解説します。

 

外壁のメンテナンスの目安は8~10年

外壁の機能が損なわれると、断熱性が低くなる、建物内に水が浸入する、外観が悪くなる…など住宅に対する重大な欠損の原因ともなります。

定期的に外壁のメンテナンスを行うことで、外壁の適切な見た目や機能を維持できます。

外壁のメンテナンスの目安となるのは、8~10年です。

メンテナンスの時期が来たら、外壁の損傷や劣化防止および雨や湿気の壁内への侵入防止のための措置を行います。

外壁は塗料を塗り直し、目地はコーキングを打ち直します。

 外壁メンテナンス

次のメンテナンスの時期は10~15年後です。

基本的に、10年周期で外壁のメンテナンスが必要になると考えておきましょう。

なお、外壁の塗料は耐候性や耐久性にすぐれたシリコン塗料を選ぶのがおすすめです。

 

メンテナンスの時期以外にも劣化に注意

台風や強風によるダメージがひどかった、直射日光に当たる場所にあるなどが原因で、外壁が急激に劣化することもあります。

メンテナンスの目安の時期が来ていなくても、次のような症状があれば外壁が劣化している可能性が高いです。

 

  • モルタルの場合…外壁をこすると手に塗料が付く、細かいひびがある、ひび割れが大きくなる。塗料が浮いたりはがれたりする場合は修理が必要
  • サイディングの場合…塗料面をこすると手に白い粉がつく(チョーキング)

上記のような症状があれば、一度プロの外壁診断を受けるようにしましょう。

 外壁メンテナンス

 

外壁塗装の依頼は春か秋がベストシーズン

外壁塗装は屋外での施工のため、天候の影響を受けます。

大雨や大雪、強風時は塗装ができないため、工期が伸びてしまうことも。

外壁リフォームをするなら、天候の影響を受けにくい春か秋がベストシーズンです。

特に、春は外壁リフォームの依頼が集中しやすくなる時期。

メンテナンスの時期が来たらスムーズに工事ができるように、早めに準備や申し込みをしておきましょう。

 

外壁メンテナンスの目安や周期について解説しました。

適切な時期にメンテナンスを行うことで、外壁の機能や美しさが長く維持できます。

 外壁メンテナンス

現在のお住まいで末永く快適に暮らしてけるよう、ニューイングでは「住まいの無料点検」を行っています。

屋根や床下も一緒に点検させていただきますので、気になる箇所があれば各店舗までお問い合せください。

 外壁メンテナンス

 

詳しくは、「ニューイング」の各店舗にお問合せください。

 


《店舗情報》

大阪府(大阪)
奈良県(学園前奈良東生駒橿原香芝)
三重県(桔梗が丘)

▼ホームページからのご相談はこちら▼
https://newing.kintetsu-re.co.jp/toiawase/index.html

▼各店舗のフリーダイヤルはこちら▼
 https://newing.kintetsu-re.co.jp/co_navi/PSN20140320185252-520.html 

記事一覧

1ページ (全15ページ中)

ページトップへ