スタッフブログ

はじめての窓選び。窓の種類と取り付け場所に合わせた選び方<前編>

こんにちは。近鉄のリフォーム「ニューイング」です

 

窓の種類はたくさんあるので、リフォームするときにどれがいいか迷ってしまいますよね。

お住まいに最適な窓を選ぶには、種類ごとの特徴をきちんと理解しておくことが大切。

はじめての窓選びで失敗しないために覚えておきたい知識について前後編でご紹介します。

窓リフォーム

今回は、窓の種類や開け方の違いについて理解を深めていきましょう。

 

代表的な窓の特徴と設置場所

窓の選び方のポイントとして、樹脂やアルミなど窓の素材に着目して選ぶ方法もありますが、窓の形や開け方で選ぶこともできます。

ここでは窓の形や開け方に焦点をあてて、代表的な窓の種類や特徴をご紹介します。

 

▼窓の素材による違いについては、こちらの記事をご覧ください▼
Q&Aアルミサッシと樹脂サッシの違いとは?それぞれのメリットとデメリットをご紹介します

 

引き違い窓

2枚の窓を左右どちらにも開くことができる最もポピュラーなタイプ。

採光面積が広くとれて部屋が明るくなる、内側からも外側からも掃除がしやすいといったメリットがあります。

但し、窓をスライドさせる構造上、気密性は高くありません。

リビング・キッチン・お風呂など幅広い場所に使われている種類です。

 窓リフォーム

 

上げ下げ窓

上げ下げ窓は、上下にスライドさせて開閉するタイプ。

海外の家でよく使われている窓で、上下両方の窓が動く「ダブルハング」と、上下どちらかのみ動く「シングルハング」の2種類があります。

あまりスペースが取れない場所でも設置しやすく、外側から開けにくいため防犯性に優れているメリットがあります。

高い位置に設置するとお手入れしにくくなるため、2階以上への設置は避けた方が良いでしょう。

窓リフォーム 

 

すべり出し窓

すべり出し窓は、ハンドル部分を手前に引くまたは外側に押し出して窓を開閉するタイプです。

横を軸にして開く「横すべり窓」と、縦を軸にして開く「縦すべり窓」の2種類があります。

スタイリッシュな見た目で、最近ではよく採用されている形です。

外側に網戸や格子をつけられないため、設置する場所によっては使いにくくなることもあります。

横すべり窓はリビングや寝室の高所に、縦すべり窓はキッチンやトイレ、外観のアクセントとして用いられます。

窓リフォーム 

 

ルーバー窓

ルーバー窓は、複数枚のガラス板がブラインドのように重なっており、ハンドルを回してハネの角度を変えることで開閉する窓です。

ハネがあることで、風が通りやすくなり、換気しやすいメリットがあります。

ルーバー窓のガラスは簡単に外すことができるため、面格子などと組み合わせて設置する必要があります。

浴室や洗面室、トイレなどに採用されることが多い窓です。

 窓リフォーム

窓を増やす際は、実績のあるリフォーム会社によく相談して決めるようにしましょう。

※お住まいがマンションの場合は、窓リフォームが可能か管理規約をご確認ください。

 

今回ご紹介した窓以外にも、さまざまな開き方の窓があります。

リフォームしたい場所に、どんな窓が適しているのか分からない時は、ぜひ近鉄不動産の「ニューイング」にご相談ください。

お客様のご希望に合わせた窓リフォームをご提案させていただきます。

 

次回は、取り付け位置に合わせた窓選びについてご紹介しますので、ぜひ参考にしてくださいね。 


《店舗情報》

大阪府(大阪)
奈良県(学園前奈良東生駒橿原香芝)
三重県(桔梗が丘)

▼ホームページからのご相談はこちら▼
https://newing.kintetsu-re.co.jp/toiawase/index.html

▼各店舗のフリーダイヤルはこちら▼
 https://newing.kintetsu-re.co.jp/co_navi/PSN20140320185252-520.html 

記事一覧

1ページ (全17ページ中)

ページトップへ