スタッフブログ

「結露」対策には窓リフォームを。断熱窓や内窓で手軽に窓リフォームしませんか?

こんにちは、近鉄のリフォーム「ニューイング」です。

 

寒い季節になると、窓に発生する「結露」。

「カーテンが濡れて不快」「結露による湿気で部屋にカビが生えてしまった」などのお悩みの原因になることもあります。

結露対策,窓リフォーム

「結露するたびに窓を都度拭くのも面倒だけど、根本的な結露対策をするには費用や時間がかかる…」なんて思っていませんか?

実は手軽に結露対策ができる「窓リフォーム」という方法があります。

今回は、窓リフォームの概要やメリットについてご紹介します。

 

結露対策に行う窓リフォームの種類

窓に結露が発生する原因は、屋内と屋外の気温差です。

冬の屋内の空気は暖かく、屋外の空気は冷たくなっています。

屋内の空気が屋外の空気を受けて冷たくなった窓に触れると、空気中の水蒸気が水分に変化します。

それによって、窓に結露が発生します。

結露対策,窓リフォーム

結露防止に有効な窓リフォームには、「内窓の取り付け」と「断熱窓への交換」の二つの方法があります。

「内窓の取り付け」とは、現在使っている窓の内側に新しい窓を取り付ける方法です。

インナーサッシとも呼ばれています。

窓周辺の気温差を抑えるので、結露防止に効果を発揮します。

 

もうひとつの「断熱窓への交換」は、既存の窓を断熱性の高い樹脂製の窓、「複層ガラス(ペアガラス)」や「真空ガラス」を使用した窓に交換する方法です。

内窓では、新しく設置した窓の結露対策には有効ですが、既存の外側の窓に対しての結露対策は不十分です。

内窓と断熱窓を組み合わせることで、より効果が高くなります。

 

既存の窓を使用するため、気軽にリフォームできる

内窓リフォームは、今お使いの窓にプラスするだけの簡単リフォームです。

1窓最短1時間で工事が完了します。

 結露対策,窓リフォーム

断熱窓への交換も、既存のサッシの上から新しいサッシを被せるカバー工法を使えば、室内側から簡単に施工ができ、壁を壊さずにリフォームできます。

そのため、工期が比較的短めで費用が抑えられるというメリットも。

手軽に結露対策ができる方法としておすすめです。

 

窓リフォームにはメリットもたくさん

内窓や断熱窓による窓リフォームは、結露防止以外にもいろいろなメリットがあります。

ひとつが冷暖房効果のアップです。

結露対策,窓リフォーム

内窓を取り付けたり、断熱窓にしたりすることで、お部屋の暖かい空気が外に逃げるのを防いでくれます。

高い断熱性能も発揮するため、冷暖房効率もアップ。

光熱費の節約にもつながります。

 

もうひとつが、内窓を設置し窓やサッシを二重にすることで得られる防音効果です。

外の騒音が少し気になるときや、生活音が外に漏れていないか気になるときにも、窓リフォームを検討してみてはいかがでしょうか。

 結露対策,窓リフォーム

結露防止に有効な窓リフォームの概要とメリットをご紹介しました。

毎年嫌な結露にお悩みの際には、窓リフォームをぜひご検討ください。

「ニューイング」では、ご家庭の窓辺やお部屋の状況に合わせた、内窓や断熱窓のご提案が可能です。

ぜひお近くの店舗までお気軽にご相談ください。

 

なお、リフォーム要件を満たせば「こどもみらい住宅支援事業」の補助金が受けられる場合があります。

▼「こどもみらい住宅支援事業」についてはこちら▼

https://newing.kintetsu-re.co.jp/co_navi/df5525efe0e6117a18175b16e5de7c76-909.html

 

詳しくは、「ニューイング」の各店舗にお問合せください。


《店舗情報》

大阪府(大阪)
奈良県(学園前奈良東生駒橿原香芝)
三重県(桔梗が丘)

▼ホームページからのご相談はこちら▼
https://newing.kintetsu-re.co.jp/toiawase/index.html

▼各店舗のフリーダイヤルはこちら▼
 https://newing.kintetsu-re.co.jp/co_navi/PSN20140320185252-520.html 

記事一覧

1ページ (全15ページ中)

ページトップへ