ファミリークローゼットは後付けできる?リフォームするときのチェックポイント

こんにちは。近鉄のリフォーム「ニューイング」です。

 

最近の住宅のトレンドのひとつ「ファミリークローゼット」。

憧れはあるけれど、新築時じゃないとファミリークローゼットを設置するのは難しいのではないか、と思われている方が多いのではないでしょうか。

ファミリークローゼット

実は、ファミリークローゼットは今のお住まいに後付けすることが可能です!

今回は、ファミリークローゼットをリフォームで後付けする際に、チェックするべきポイントをご紹介します。

 

ファミリークローゼットとは?

ご家族全員で使える収納のことを「ファミリークローゼット」といいます。

ファミリークローゼットの使い方に決まりはありません。

ご家族が日常的に使用する衣類や小物類の収納スペースとしてはもちろん、お出かけ前と帰宅後に着替えられるスペースや、アイロンがけができる作業台などを設けて、機能性を追加することもできます。

 

ファミリークローゼットをつくるメリット

  • 効率よく家事ができる

ファミリークローゼットを設置する一番のメリットは、家事の効率化がかなうこと。

洗濯して畳んだ後のご家族分の衣類を各部屋へ運ぶのは大変ですが、収納場所が1カ所に集約されていれば、洗濯から収納までの家事にかかる時間を短縮できます。

ご家族の人数が多いほど、家事がラクになるでしょう。

ファミリークローゼット

 

  • モノの管理がしやすい

各部屋のクローゼットに衣類や小物を収納していると、収納物の量が把握しづらいものです。

ファミリークローゼットなら一目で収納量を把握できるため、収納物の量をコントロールしやすくなります。

またファミリークローゼットは、ご家族が1カ所にモノを片付ける習慣をつけやすく、リビングや子ども部屋が散らかりにくいメリットもあります。

 

ファミリークローゼットをリフォームで後付けする時のポイント

  • どこに設置するか

ファミリークローゼットはご家族全員分の衣類や小物を収納するため、設置するにはある程度広いスペースが必要になります。

多くの住宅では1階にLDKや水まわりがあるため、もし1階にファミリークローゼットを後付けするなら、スペースを作るために他の部屋を小さくしたり、使っていない部屋をリフォームしたりするなど、工夫しなければなりません。

 

  • どれくらいの広さにするか

どのような用途で使用するかによって、ファミリークローゼットに必要な広さは変わります。

使用頻度の高い服を収納するだけなら2帖ほどあれば十分ですが、クローゼット内に着替えスペースを設置するなら3帖、収納するものの量にもよりますが、一般的な4人家族の衣類を収納するなら4帖程度必要です。

ファミリークローゼット 

 

使っていない和室をファミリークローゼットにリフォーム!

和室の使用頻度が少ないという方は、和室をファミリークローゼットにするのがおすすめ。

来客用の座布団や布団を収納することを想定して作られている和室の押入れは、奥行きが深めに設計されています。

押入れをクローゼットにリフォームすれば、ご家族の衣類をたっぷり収納できて、和室の畳をそのまま着替えスペースとして活用できる一石二鳥のリフォームアイデアです。

 

「使っていない部屋をファミリークローゼットにしたい!」と考えている方は、ぜひお近くの「ニューイング」のスタッフにご相談ください。

「ニューイング」では、お住まいの間取りに合わせたファミリークローゼットをご提案いたします。


《店舗情報》

大阪府(大阪)
奈良県(学園前奈良東生駒橿原香芝)
三重県(桔梗が丘)

▼ホームページからのご相談はこちら▼
https://newing.kintetsu-re.co.jp/toiawase/index.html

▼各店舗のフリーダイヤルはこちら▼
 https://newing.kintetsu-re.co.jp/co_navi/PSN20140320185252-520.html 

1ページ (全34ページ中)