スタッフブログ

Q&Aマンションリノベーションは、どこまで変えられる?

こんにちは、近鉄のリフォーム「ニューイング」です。

 

理想とするライフスタイルや生活環境にあわせて空間を自由自在にアレンジできるリノベーション。

そんなリノベーションは近年注目を集めており、今住んでいるお住まいはもちろん、新たに中古住宅を購入して自分好みにリノベーションするケースも増えています。

しかし、マンションのリノベーションにおいては、専有部分と共用部分があったり、管理規約や構造上の制約があったりするため、何でも自由に変えられるというわけにはいきません。

 マンションリノベ,中古リノベーション

そこで今回は、マンションのリノベーションで知っておくべきこと、気を付けたいポイントについてお話します。

 

マンションにはリノベーションができる部分とできない部分がある!

マンションには、各住戸の所有者(区分所有者)が個人で所有している「専有部分」と、区分所有者全員で共有している部分があります。

基本的に専有部分はリノベーションすることができますが、共用部分にあたる外壁、窓やサッシ、玄関ドアなどを変えることはできません。

バルコニーも同じく共有部分のため、増築やリフォームはできませんが、バルコニーに取り外しのできるウッドデッキを敷くことは問題ありません。

 

間取りや設備はどこまで変えられる?

・間取り

構造的に必要な柱・梁・壁を残せば、間取り変更は可能ですが、構造的な理由から間仕切り壁を取り外せないケースも。

どの程度まで間取り変更ができるかについては、プロにチェックしてもらうようにしましょう。

間仕切り壁は新設することもできます。

 マンションリノベ,中古リノベーション

・内装

基本的に、住戸内部の壁・天井・床や室内ドアは自由に変えることができます。

ただし、使用する素材に制限がある場合もあります。

 

・水まわり

設備の取り替えはできますが、配管や電気配線、ダクトの位置の関係で広範囲の位置替えができない場合があります。

そのため、間取りや水回りなどに自分なりのこだわりがある場合は、ある程度自分たちの理想にかなった物件を最初に選んでおくことが大切です。

 マンションリノベ,中古リノベーション

マンションのリノベーションにおいては、気を付けたいポイントがいくつかあり、もちろん、現在お住まいのマンションや購入を予定している中古住宅が、自分たちの希望するリノベーションができるかどうかを判断するのは難しいこともあるでしょう。

そんなときはプロである私たち「ニューイング」へ一度ご相談いただければと思います。

 


《店舗情報》

大阪府(大阪)
奈良県(学園前奈良東生駒橿原香芝)
三重県(桔梗が丘)

▼ホームページからのご相談はこちら▼
https://newing.kintetsu-re.co.jp/toiawase/index.html

▼各店舗のフリーダイヤルはこちら▼
 https://newing.kintetsu-re.co.jp/co_navi/PSN20140320185252-520.html 

記事一覧|すべて

5ページ (全10ページ中)

ページトップへ