住まいの点検をしたい

経年とともに、住まいも少しずつ傷みが蓄積されていきます。
目では確認できないところも、少しずつ変化が表れ、放置すると徐々に傷み具合も大きくなってしまいます。

近鉄のリフォーム NEWingでは、"屋根・外壁・シロアリ"に関して、住まいの無料点検を行っております。
お住まいの今の状態をお調べになってはいかがでしょうか。

 

お住まいは、建築後何年ですか

今のお住まいは、建築されてから何年が経っていますか。
住まいの屋根、外壁など外の部分は汚れやひび割れが目立つようになってきていませんか。
リフォーム適齢期早見表と照らし合わせて、お住まいの状態を考えてみてはいかがでしょうか。

(出典:当社調べ)

 

屋根の無料点検

屋根の無料点検

屋根は住まい全体を覆っています。
もし屋根の劣化が原因で雨漏りしていた場合は、生活が不便になるだけでなく、湿気が多くなったり、カビが繁殖しやすくなったり、家の構造そのものに影響が及ぶ場合があります。
屋根の点検・補修の目安は、8~10年となっています。
台風や強風などにより屋根の瓦がずれたり割れたりしていたらすぐに補修が必要となります。

屋根に気を配ることで家全体へのダメージの軽減につながり、今後の修繕費のカットにつながります。

 

 

外壁の無料点検

外壁の無料点検

外壁は周囲からよく見られている箇所です。
よく見られるからこそ、定期的なメンテナンスが必要になります。

お住まいの外壁を触ってみて、粉っぽいものがつくようであれば要注意の状態です。
住まいの寿命を大きく左右する外壁については、まずは、一度プロの目によって診断してもらうことが大切です。

 

 

モルタルの場合

モルタルとは、セメントに砂と水を適量ずつ混ぜ合わせたものです。
外壁として、多くの家で使用されてきました。

モルタルの場合、経年と共に手で触ると白い粉がついたり、クラックと呼ばれるヒビが入ってきます。
ヒビが入ることで、そこから雨水が浸水し、家の耐久性が落ちてしまうので、こまめな点検・補修が必要になってきます。

  

  サイディングの場合

●美観と性能を保つためにはメンテナンスを行うことが重要

建物の外壁は強い日差し、風、雨、雪、気温の変化、地震など変化の大きな条件下にさらされています。
サイディングは、その表面に耐久性のある塗装が施されていますが永久的なものではなく、年数を重ねると経年劣化が進み、そのまま放置しておくと表面がはく離するなどの影響が出る場合があります。

美観と性能を保つためには、日常のお手入れや専門業者による定期的なメンテナンスが必要となりますので、早めの点検をお勧めします。

適切なメンテナンスをされますと、サイディングのみならず建物自体の老朽化を遅らせることができ、住まいの維持につながります。

 

 <サイディングのつなぎ目のシーリング>
サイディングのつなぎ目のシーリング

住まいの外壁部分に使われるサイディングボードには、ボードとボードのつなぎ目に防水のためにシーリング材がつめられています。
このシーリング材も経年と共に劣化し、雨漏りなどの原因となったり、隙間から水分が入り、住まい全体の劣化へとつながったりしてしまいます。

5~7年を目安にシーリングについての点検・補修を行うことも大切になってきます。

 

 

シロアリの無料点検

白あり無料診断

シロアリは住まいの天敵です。
床下やお風呂場などで繁殖し、家の構造にダメージを与えます。
シロアリが好きなのは、暗くて湿気のある暖かい場所です。
そこに木材があれば、棲みつく可能性が大きくなります。
反対に、風通しがよく床下などが乾燥している家で、エサとなる木材が少なければ、その家はシロアリにとって好ましい環境ではなくなります。

シロアリの被害から、家が倒壊することもあります。
土台や柱などにシロアリの被害があると、地震発生時に、それが原因で建物が倒壊する可能性があります。
実際、阪神大震災が発生したとき、シロアリによる被害が建物倒壊の要因のひとつだったという報告もあり備えが必要となります。
今後の日本でも、大きな地震の発生が予想される中で、ひとつずつ不安を解消していくことが大切です。

シロアリの点検・補修は、5年ごとが目安となります。
今のお住まいはいかがですか。

 

 

ニューイングでは、無料の点検のほか、有料で耐震診断を承っております。

耐震診断については、お住まいの地域により補助金を受けることもできますので、どうぞお気軽にお問い合わせください。 

 

ページトップへ