初めての網戸選び。交換すべきタイミングや網の種類を詳しく解説します!

こんにちは。近鉄のリフォーム「ニューイング」です。

 

網戸を交換するタイミングや、交換に当たってどんな網を選べば良いかわからず、ついつい網戸の交換を後回しにしていませんか?

網戸交換                    

古い網戸は強い風雨で破れてしまうこともあるため、早めの交換をおすすめします。

今回は網戸の交換時期の見分け方や、網の選び方についてお伝えします。

 

●網戸の交換時期は?

一般的な網戸の網の交換時期は、5~10年程度が目安です。

取り付けてから10年以上経過していたり、10年未満でも次のような症状が現れていたりするなら、網戸の交換をおすすめします。

網戸交換  

  • 網が破けている
  • 網がたるんでいる
  • 枠から網が外れている
  • 網を枠に止めるゴムが取れている

 

●網の選び方

網戸に使う網の種類とそれぞれの特徴、選び方などをご紹介します。

網戸交換  

  • 目の細かさ

網は目の細かさを「メッシュ」という単位で表し、16~24メッシュが一般的に使われるサイズです。

数字が大きいほど目が細かくなり、虫やホコリが入りにくくなります。

 

網の色はブラックとグレーがあり、ブラックは室内から外がきれいに見えます。

一方のグレーは外から家の中が見えにくくなる効果があり、どちらを優先するかで選びましょう。

 

  • 材質

網の主な材質は、ポリプロピレン、ポリエステル、グラスファイバー、ステンレスの4種類です。

<ポリプロピレン>

最も良く使われるのがポリプロピレンで、安価なため出費を抑えられます。

ただし耐用年数は5~10年と短めなのがデメリットです。

 

<ポリエステル>

ポリエステルはポリプロピレンより丈夫で、弾力性もあります。

ペットがひっかいても破れにくいのが特徴です。

 

<グラスファイバー>

グラスファイバーは熱に強いため、キッチンのコンロ近くにある窓や、日差しの強い場所の網戸に適しています。

 

<ステンレス>

ステンレスは強度や耐久性が非常に高く、耐用年数が15~20年と長いことが特徴です。

価格は高めですが長く使えるため、コストパフォーマンスに優れた素材といえるでしょう。

網戸交換

  

「ニューイング」ではお客様のお住まいやライフスタイル、ご予算に合わせた最適な網戸をご提案しています。

網戸の劣化が気になっている方、交換をご検討中の方は、ホームページのお問い合わせフォーム、または各店舗へのお電話にてご相談ください。


《店舗情報》

大阪府(大阪)
奈良県(学園前・西大寺・奈良・東生駒・橿原・香芝)
三重県(桔梗が丘・津)

▼ホームページからのご相談はこちら▼
https://newing.kintetsu-re.co.jp/toiawase/index.html

▼各店舗のフリーダイヤルはこちら▼
 https://newing.kintetsu-re.co.jp/co_navi/PSN20140320185252-520.html 

10ページ (全35ページ中)