ページトップへ

リフォーム工事で受けられる補助金・税制制度 | 奈良・大阪・京都・三重でリフォームするなら近鉄のリフォーム

リフォーム工事で受けられる補助金・税制制度 | 住宅リフォームの事なら信頼と実績の近鉄のリフォームNEWing(ニューイング) 奈良・大阪・京都・三重のスタッフがお客様のご要望に合わせた最適なプランをご提案致します。豊かな経験を活かした本物のサービスをご体験ください。

リフォーム工事で受けられる補助金・税制制度

リフォーム工事をした際に、工事の内容によって税制上の優遇措置や地方自治体からの補助金が受けられる場合があることをご存知ですか。リフォーム工事をされる前に、一度確認されてはいかがでしょうか。

 なお、いずれも、ご自身での届け出・手続きが必要となりますのでご注意ください。

 

耐震リフォーム

地震に対する備えは十分でしょうか。近年、全国各地で大地震が頻発しており、大地震は、いつ起きてもおかしくありません。阪神淡路大震災で亡くなった人の原因は、家の倒壊等による「圧死」が大部分を占めていました。大地震から身を守るためには、「住まいの耐震化」が重要です。

築基準法は、大きな地震災害があるたびに見直されているため、建築年度によって耐震にかかわる基準が違っています。お住まいの耐震性能を調べるために行う耐震診断」や、「耐震補強プランの作成へは地方自治体からの補助金を受けられる場合があります。補助金を受けるためには、契約行為や工事の着手より前に補助金の申請が必要な場合がありますので、事前にお住まいの市区町村にご相談ください。

また、お住まいを、現行の耐震基準に適合されるために行った工事には、「住宅ローン減税「所得税の控除」「固定資産税の減額措置」等の制度を受けられる場合があります。なお、「住宅ローン減税」や「所得税の控除」については税務署への確定申告が、固定資産税については市区町村への申告が必要となりますので、ご注意ください。

 

 バリアフリーリフォーム

リフォームをきっかけに、バリアフリーを導入するご家庭が増えています。年齢を重ねると、自宅でも階段や段差などによって「転落」や「転倒」してしまう可能性が高くなります。危険性を減らし、より快適に安心して生活するためにバリアフリー工事をお考えになってはいかがでしょうか。 

手すりの取り付けや、段差の解消等のバリアフリーリフォームをした際に、「要支援」または「要介護」と認定された方が住む住宅の場合、「公的介護保険を利用した補助金制度」を使えば、対象要件を満たすことで最大で18万円の補助金を受けることができます。

また、要件に該当すれば、「住宅ローン減税」、「所得税の控除」「固定資産税の減額措置」等の制度を受けられる場合もあります。なお、「住宅ローン減税」や「所得税の控除」については税務署への確定申告が、固定資産税については市区町村への申告が必要となりますので、ご注意ください。

 

省エネリフォーム

「家の作りようは夏を旨とすべし」吉田兼好の「徒然草」第55段の一節です。日本の家屋は、夏涼しく過ごせられるように考えられていたため、風通しが良く自然と調和しますが、冬になるとすきま風が抜ける上に壁も薄くとても寒い空間になってしまいます。

そのため、お住まいの省エネ性能を向上させるリフォーム(窓・ガラスの交換や、壁・天井・床等の断熱工事、太陽光発電や高効率給湯機、太陽熱利用システム等を設置する工事等)を行う際に、地方自治体からの補助金が受けられる場合があります(省エネルギー改修工事への補助金/太陽光発電システム設置工事への補助金/太陽熱利用システム設置工事への補助金/家庭用燃料電池設置工事への補助金)。

暑い家や寒い家に我慢して住み続けると、健康リスクを高めてしまうことがわかっています。適切に断熱をすることで、家の中が暖かく快適になり、同時に健康的な生活を送ることができます。

また、要件に該当すれば、「住宅ローン減税「所得税の控除」「固定資産税の減額措置」等の制度を受けられる場合があります。なお、「住宅ローン減税」や「所得税の控除」については税務署への確定申告が、固定資産税については市区町村への申告が必要となりますので、ご注意ください。

 

多世代同居改修

祖父母・父母・子世代の三世代等の同居を後押しするため、平成28年4月に新しくできた制度です。

キッチン・浴室・トイレ・玄関のいずれかを増設し、リフォーム後に、キッチン・浴室・トイレ・玄関のいずれか2つ以上が複数となる工事が対象です。要件に該当すれば、「所得税の控除」を受けられる場合もあります。なお、「所得税の控除」については税務署への確定申告が、固定資産税については市区町村への申告が必要となりますので、ご注意ください。

また、地方自治体によっては、市外在住の子育て世帯と市内在住の親世帯が新たに同居するため持家のリフォームをする場合に、費用の一部を助成している場合があります。お住まいの自治体の情報を調べてみてはいかがでしょうか。


リフォーム工事に対する補助金制度・税制上の優遇は、ご自身で申請をして始めて受けられる制度です。リフォームを検討されている場合は、当社のスタッフにお尋ね頂くか、一度調べられてみてはいかがでしょうか。

   

  • LINEで送る