実例(夏の暑さ対策)

暑さ対策①窓リフォーム

夏場の暑さが年々ひどくなっており、夏場はカーテンを閉めてエアコンをつけているという方もいらっしゃるのではないでしょうか。

しかしながら、窓の断熱性能が低い場合、室内のカーテンで日射を遮っているつもりでも、カーテン自体が熱をもち、室内を熱くしている場合もあります。

よしずやすだれ、緑のカーテン、これらはいずれも、窓の外に設置し、窓からの熱の侵入を防ごうとするものです。まずは、窓からの熱の侵入を防ぐことで、エアコンの効果を最大に発揮できます。

窓廻りの商品としては、窓の性能を上げるために、「遮熱高断熱複層ガラス(Low-E複層ガラス)」への変更、アウターシェードや庇の取り付け、ルーバーの取り付けが考えられます。

また、このように窓廻りの対策をすることで、「家の中での日焼け」を防止することができると考えられます。真夏に外に行く場合は、「日焼け止めを塗る」「帽子をかぶる」「日傘をさす」「長袖を着る」など紫外線対策をされている方多いと思いますが、ご自宅ではいかがでしょうか。

UVカットのカーテンやシートを貼っている方もいらっしゃいますが、対策をされている方は多くはありません。紫外線は、人だけではなく家具や畳の日焼けも心配です。

お部屋の中に紫外線を入れないためにも、「遮熱高断熱複層ガラス(Low-E複層ガラス)」や「複層ガラス」など、紫外線領域の吸収性が高い窓への変更がおススメです。

 

暑さ対策②断熱リフォーム 

マンション最上階で夏の暑さに悩まされていました。(大阪府K様邸の実例)

防暑を目的に天井に断熱ボードを施工。

施工後の天井
夏の暑さ対策 実例

サーモグラフィーの結果
夏の暑さ対策 実例

室内での熱中症は深刻な問題になっています。こまめな水分補給、暑さを我慢しすぎず必要に応じて冷房を利用することも大切です。

壁や天井が熱せられることを断熱で防ぐことで、冷房の効きも良くなります。

 

今お住まいの家で、寒さや暑さにお悩みではありませんか?

  • 夏場の冷房、冬場の暖房の効きが悪い。
  • 夏場は、2階の部屋が暑い。
  • マンション最上階なので、夏場部屋の中が暑い。

これは、家の断熱性能が十分でないことが理由かもしれません。寒い家や暑い家に、我慢して住み続けると、健康リスクを高めてしまうことがわかっています。適切に断熱をすることで、家の中が暖かく快適になり、同時に健康的な生活を送ることができるのです。
断熱工事と聞くと、壁や床をはがして大がかりな工事が必要と思っていませんか。当社では「居ながらゾーン断熱」をおススメしております。「居ながらゾーン断熱」なら、我が家に住みながら短期間でリフォームができます。  

 

<断熱をお考えの方にお得な補助金のご案内です>
高性能断熱建材や蓄熱、調湿等、登録された省エネ建材を用いた住宅断熱リフォームに補助金が交付される事業(経済産業省「次世代省エネ建材支援事業」)が間もなく終了となります。

この事業を利用してリフォームをした場合、補助対象費用の2分の1以内、最大200万円の補助金がもらえます。

冬が来る前に、お住まいの断熱について考えてみませんか。補助金制度について詳しくはこちらからご覧ください。

 断熱リフォーム 施工例

リフォームメニュー|寒い家・暑い家は断熱リフォームで変えられます。

ページトップへ