ページトップへ

地震が起きた時、我が家は大丈夫?(耐震診断・耐震リフォーム) | 奈良・大阪・京都・三重でリフォームするなら近鉄のリフォーム

地震が起きた時、我が家は大丈夫?(耐震診断・耐震リフォーム) | 住宅リフォームの事なら信頼と実績の近鉄のリフォームNEWing(ニューイング) 奈良・大阪・京都・三重のスタッフがお客様のご要望に合わせた最適なプランをご提案致します。豊かな経験を活かした本物のサービスをご体験ください。

テーマ別リフォーム

地震に強い家にしたい

地震が起きた時、我が家は大丈夫?(耐震診断・耐震リフォーム)

地震大国の日本では、地震はいつどこで発生するのか予測ができません。そのため、住まいの耐震化が非常に重要です。

近鉄のリフォーム「ニューイング」では、耐震診断及び耐震診断結果に基づく補強提案までを(50,000円[税別])で行っております。

あなたのお住まいは築何年ですか?

建築基準法は、大きな地震災害があるたびに見直されているため、建築年度によって耐震性にかかわる基準が違っています。まずは、お住まいの住宅がどういう状況にあるのかを確認することが大切です。 

近鉄の耐震診断

ニューイングの耐震診断は、国土交通省住宅局監修の「木造住宅の耐震診断と補強方法」の一般診断に準拠して、耐震診断及び耐震補強の提案をしております。費用は30,000円(税別)ですが、お住まいの地域によっては補助金が受けられる場合もございます。

<耐震診断の流れ>

①建物状況のヒアリング

 (対象建築物)

  • 2階建て以下の木造在来軸組み構法の建物
  • 昭和25年以降、平成12年5月以前に着工された建物

②家屋の屋内調査(お客様に立会いいただきます。)

③家屋の外周調査(お客様に立会いいただきます。)           

 ④現地調査票の作成

現地調査の内容をチェックシートに記入し、現況図面を作成します。

 

⑤診断結果報告書の作成

専用ソフト『木耐博士N』を使って調査結果を解析し、報告書を作成します。

現地調査後、報告書を作成し、耐震工事が必要な場合については、補強プランを作成しご提案します。まずは、お住まいの状況を調べてみられませんか。

 

ここが違う!近鉄の耐震診断

近鉄不動産のスタッフが行います

近鉄不動産の建築士の中でも専門知識を持った「耐震技術認定者」の資格を持ったスタッフが適切に検査させて頂きますのでご安心頂けます。

床下や屋根裏も確認します

耐震診断法の内容については、「簡易耐震診断」「一般診断法」「精密診断法」がありますが、近鉄不動産が行う耐震診断は「一般診断法」です。図面や目視による調査で耐震診断を行う非破壊調査ですので、壁や床をはがすことはありません。

基礎や柱の状況、筋交いの有無などを調べるために、床下や屋根裏に入り調査を行います。

   

近鉄の耐震補強

耐震診断結果を基に、耐震プランを提案します

耐震診断の結果を基に、補強が必要となった場合には、お客様に最適な耐震プランのアドバイスや補強のご提案を行います。費用は20,000円ですが、お住まいの地域によっては補助金が受けられる場合もございます。

近鉄不動産の耐震リフォームでは、既存住宅の住宅性能を向上させ、お客様に長く大切にお使い頂ける、資産価値のある住宅を実現します。



耐震性を高めるポイント

地盤
建物の揺れは地盤の状態に大きく左右されます。軟地盤の場合、壁量も基準より増やすことが必要です。


②重量

地震力は建物の重量に比例するので、耐震性能を高めるには、建物を軽くすることが望ましい。


木造住宅では、主に地震力を壁が負担するため、必要な壁量が定められています。


水平構面である床の剛性が十分でないと、壁の耐力にも影響があります。

接合部
軸組工法の建物は、土台・柱・梁などの接合部に、一定の強度を確保することが定められています。

 例えば、壁の補強の場合

旧耐震で建築された住宅は、筋かいなどがない壁や、絶対壁量が少ないものがあり補強が必要です。内部壁を取り付けて補強し、見た目は元通りの壁に戻します。

結合部の補強や屋根の軽量化などお住まいの状況に応じてご提案いたします。

例えば、余震や繰り返しの揺れに備えたい場合

地震エネルギーを吸収して家屋を守る「制震ダンパー」がおススメです。「制震ダンパー」は、地震のエネルギーをフレームに組み込んだダンパーで吸収することで、建物の変形を小さくします。そのため、余震や繰り返しの地震に効果が望めます。

耐震リフォームでは、一定の条件に該当すれば、減税制度お住まいの自治体からの補助金が受けられる場合もございます。詳しくはスタッフまでお問い合わせください。 

   

  • LINEで送る