スタッフブログ

新しい生活様式に合った住まいとは。アフターコロナ時代のリフォーム・リノベーション

こんにちは、近鉄のリフォーム「ニューイング」です。

 

新型コロナウイルス感染症拡大の影響で、新しい生活様式が求められるようになりました。

家づくりに対する考え方にも、少しずつ変化が出てきています。

リフォーム事例

現在の住まいを、新しい生活様式に合わせた間取りや収納にリフォームしませんか。

アフターコロナ時代も快適に過ごせる、住まいづくりのポイントを解説します。

 

テレワークスペース

密や対面、接触を避けるためにテレワークによる在宅勤務が、働き方のスタンダードになりつつあります。

ところが、家族が在宅勤務をするようになると、「仕事中は話しかけないようにする」「Webカメラに映り込まないようにする」「子どもが騒がないようにする」など、気を遣う機会も多くなったのではないでしょうか。

リフォーム事例

快適に在宅勤務をするためには、専用のテレワークスペースを設けるのがおすすめです。

 

仕事に集中できる独立したスペースとして設けるほか、小さい子どもを見たり、合間に家事をしたりできるようにリビングの一角に設ける方法もあります。

 

備蓄・収納スペース

外出自粛や密を避けるために、買い物の頻度を減らしてできるだけまとめ買いをする機会も増えました

また、ふだんから食料や日用品を備蓄しておく大切さを感じた人も多いのではないでしょうか。

そのためには、ストック品を収納しておくためのスペースが必要です。

リフォーム事例

賞味期限を気にせず上手に備蓄するためには、ローリングストック(使ったものを買い足しながら備蓄する方法)がおすすめです。

常温品を便利に保存でき、ローリングストックもしやすいパントリーや、台所の床下収納などの選択肢があります。

 

玄関の手洗い場や玄関収納

外で付着したウイルスをできるだけ家の中に持ち込まないことが重要です。

帰宅後、すぐに手洗いやうがいができるように玄関に洗面スペースを設ける工夫が注目されました。

リフォーム事例

ウイルスは手指だけでなく衣類や持ち物にも付着します。

玄関にコートやバッグを収納できるクローゼットを設けると室内へのウイルスの持ち込みが防げます。

リフォーム事例 

 

庭やサンルーム、バルコニーの活用

自宅で過ごす「おうち時間」が増えると、太陽を浴びないことで気分がふさぎこんでしまったり、運動不足になったりということも。

家の敷地内で日光浴や軽い運動ができるスペースをリフォームで設けたいというニーズも増えました。

リフォーム事例

庭のほか、サンルームやバルコニーを設置するという選択肢もあります。

敷地に余裕があれば、庭とリビングを一体化できるアウトドアリビングにリフォームするのもよいでしょう。

 

アフターコロナをふまえての住まいづくりのポイントを解説しました。

新しい生活様式への変化で感じた不便さを、快適な住まいとして昇華できるリフォームも「ニューイング」にぜひご相談ください。

お客様のご希望やご要望を踏まえて、最適なリフォームをご提案いたします。 

 


《店舗情報》

大阪府(大阪)
奈良県(学園前奈良東生駒橿原香芝)
三重県(桔梗が丘)

▼ホームページからのご相談はこちら▼
https://newing.kintetsu-re.co.jp/toiawase/index.html

▼各店舗のフリーダイヤルはこちら▼
 https://newing.kintetsu-re.co.jp/co_navi/PSN20140320185252-520.html 

記事一覧

1ページ (全16ページ中)

ページトップへ