ページトップへ

耐震診断・耐震補強・耐震改修工事への補助金 | 奈良・大阪・京都・三重でリフォームするなら近鉄のリフォーム

耐震診断・耐震補強・耐震改修工事への補助金 | 住宅リフォームの事なら信頼と実績の近鉄のリフォームNEWing(ニューイング) 奈良・大阪・京都・三重のスタッフがお客様のご要望に合わせた最適なプランをご提案致します。豊かな経験を活かした本物のサービスをご体験ください。

耐震診断・耐震改修・耐震工事への補助金

耐震診断・耐震補強・耐震改修工事への補助金

地震に対する備えは十分でしょうか。近年、全国各地で大地震が頻発しており、大地震は、いつ起きてもおかしくありません。阪神淡路大震災で亡くなった人の原因は、家の倒壊等による「圧死」の方が大部分を占めていました。大地震から身を守るためには、「住まいの耐震化」が重要です。

近鉄不動産では、まず「耐震診断」で建物の地震に対する安全性を調査し現状を把握した上で、耐震リフォームを行うことを提案しています。

耐震診断を行う際に、お住まいの自治体から補助金が出る場合があるのをご存知ですか。また、耐震改修工事を行う際にも、お住まいの自治体から補助金が出る場合があります。補助金を受けるためには、契約行為や工事の着手より前に補助金の申請が必要ですので、ご注意ください。

また、条件に該当すれば所得税の控除も受けられます。詳細は当社スタッフまでご相談ください。

【地方自治体の補助金】

①耐震診断を行った場合 

ニューイングの耐震診断は、国土交通省住宅局監修の「木造住宅の耐震診断と補強方法」の一般診断に準拠して、耐震診断及び耐震補強の提案をしております。費用は30,000円(税別)です。
※「耐震診断」「耐震リフォーム」についての詳細はこちらをご覧ください。 


  • 奈良県
自治体名 補助金額 補助限度額  申込期間 募集件数 備考
奈良市

3分の2

86,000円 募集終了 3件 精密診断のみ対象
生駒市
3分の2 20,000円 平成28年6月17日(金)~ 30件 事前に申請が必要
橿原市 3分の2 66,000円 募集終了 10件

精密診断のみ対象(※)

※橿原市については、既存木造住宅耐震診断として一般診断を無料で受付けしています。
※詳細については、自治体名をクリックの上、各自治体HPもご確認ください。
※補助対象件数に達し次第締め切りとなります。

  • 大阪府
自治体名  補助金額  補助限度額   申込期間  募集件数 備考 
大阪府 10分の9 45,000円     市町村によって制度が異なります
大阪市 10分の9 45,000円     事前相談が必要
池田市   50,000円      事前相談が必要 
茨木市 10分の9 45,000円    45件  事前相談が必要 
高槻市 10分の9 45,000円  平成29年2月28日(火)まで     
東大阪市 10分の9 45,000円       
吹田市 10分の9 45,000円  先着順   事前相談が必要 
摂津市 10分の9 45,000円 平成29年1月31日(火)まで    診断前に申請が必要 
枚方市 10分の9 45,000円     事前相談が必要 

箕面市

  50,000円 実績報告を申請年度の
3月15日までに提出すること
  診断前に申請が必要  
豊中市 10分の9 45,000円      
八尾市 10分の9 45,000円     診断前に申請が必要 
四条畷市 10分の9 45,000円 募集終了   診断前に申請が必要
大東市 10分の9 45,000円     事前相談が必要 

※詳細については、自治体名をクリックの上、各自治体HPもご確認ください。
※補助対象件数に達し次第締め切りとなります。

※対象となる住宅には条件がございます。また、募集期間や件数等はお住まいの自治体によって異なります。上記以外の地域でも補助金制度がある場合もございますので、詳細はスタッフにご確認ください。

   

 

②補強計画作成を行った場合

耐震診断の結果を基に、補強が必要となった場合には、お客様に最適な耐震プランのアドバイスや補強のご提案を行います。この設計費用に関して補助金が出る場合があります。


  • 奈良県 
自治体名 補助金額 補助限度額  申込期間 備考
橿原市 3分の2  100,000円 平成28年4月11日(月)~
平成28年12月9日(金)
契約する前に、申請が必要

※補助対象棟数に達し次第締め切りとなります。
※補強計画の作成と、補強工事に対して補助金が受けられます。
※詳細については、自治体名をクリックの上、各自治体HPもご確認ください。

  • 大阪府
自治体名  補助金額  補助限度額   申込期間  備考 
大阪府 10分の7 100,000円   市町村によって制度が異なります
大阪市 3分の2 100,000円 募集終了 事前に相談が必要
東大阪市 10分の7 100,000円    
高槻市 10分の7 100,000円 平成29年2月28日(火)まで  
吹田市 10分の7 100,000円   事前申請が必要
摂津市 10分の7 100,000円    
枚方市 10分の7 100,000円 募集終了 事前に相談が必要 
箕面市 10分の7 100,000円 実績報告を申請年度の3月15日までに提出すること 着手前に申請が必要
豊中市 10分の7 100,000円    
八尾市 10分の7 150,000円   着手前に申請が必要
四条畷市 10分の7 100,000円 募集終了 事前協議が必要
大東市 10分の7 100,000円   事前協議・相談が必要
堺市  3分の2 260,000円   事前に申請が必要

※大阪市は、耐震診断+耐震改修設計を行った場合の、耐震改修設計に対する補助金です。
※補助対象棟数に達し次第締め切りとなります。
※詳細については、自治体名をクリックの上、各自治体HPもご確認ください。

  • 三重県
自治体名 補助金額 補助限度額  申込期間 募集件数 備考 
津市 3分の2 160,000円      
松阪市 3分の2 160,000円 平成28年5月10日(火)より開始 17戸  
四日市市 3分の2 160,000円     事前に申請が必要
鈴鹿市 3分の2 160,000円     事前に申請が必要
亀山市   240,000円       
伊勢市 3分の2 160,000円     事前に申請が必要
伊賀市 3分の2 160,000円      

※いずれも、三重県木造住宅耐震促進協議会の耐震診断等を受けた場合が対象です。

※詳細については、自治体名をクリックの上、各自治体HPもご確認ください。
※補助対象件数に達し次第締め切りとなります。

  • 兵庫県

平成27年度より、内容がより充実した「ひょうご住まいの耐震化促進事業」として実施してます。安全性を確保するための耐震改修計画の策定(補強設計及び工事見積の作成)とそれに伴う耐震診断に要する費用への補助金です。 

自治体名  補助金額  補助限度額   備考 
兵庫県 3分の2 200,000円 各市町補助についてはこちらをご参照ください。
申請前の相談が必要。

※詳細については、自治体名をクリックの上、各自治体HPもご確認ください。
※補助対象件数に達し次第締め切りとなります。

  • 京都府
自治体名 補助金額 補助限度額  申込期間 備考
京都市 10分の9 150,000円 平成29年1月31日(火)まで 事前協議が必要

※詳細については、自治体名をクリックの上、各自治体HPもご確認ください。
※補助対象件数に達し次第締め切りとなります。

  • 和歌山県
自治体名 補助金額 補助限度額 備考
和歌山県 3分の2 132,000円 契約の前に申し込みが必要

※詳細については、自治体名をクリックの上、各自治体HPもご確認ください。
※補助対象件数に達し次第締め切りとなります。


※対象となる住宅には条件がございます。また、募集期間や件数等はお住まいの自治体によって異なります。上記以外の地域でも補助金制度がある場合もございますので、詳細はスタッフにご確認ください。

   

 ③耐震改修工事を行った場合

改修工事費用の相場は、約150万円。屋根工事(重い瓦を軽量のものに変更等)の相場は、約300万円と言われています。

その際、お住まいの自治体から補助金が出る場合があります。

一度、お住まいの自治体で補助金があるか調べられてから、リフォームされることをお勧めします。

 


  • 奈良県
自治体名 補助金額 補助限度額  申込期間 募集件数 備考
奈良市 3分の1 500,000円 募集終了 8件  
生駒市 3分の1 500,000円 平成28年6月17日(金)~ 15件  
橿原市 3分の1 500,000円 募集終了   契約前に申請が必要
香芝市 工事費
50万円以上87万円以下の場合:補助金20万円
87万円超:工事費に23%を乗じた額(上限50万円)
募集終了 4件  

※詳細については、自治体名をクリックの上、各自治体HPもご確認ください。
※補助対象件数に達し次第締め切りとなります。

  • 大阪府
自治体名  補助金額  補助限度額   申込期間  備考 
大阪府   400,000円   市町村によって制度が異なります
大阪市 2分の1 1,200,000円  募集終了  
堺市 3分の2 1,200,000円   工事前の申請が必要。
東大阪市   400,000円    
八尾市   700,000円   事前申請が必要。 
高槻市   550,000円  平成29年2月28日(火)まで  
吹田市   700,000円   事前協議が必要
茨木市   400,000円   事前に相談が必要
摂津市   700,000円   耐震診断が必要
枚方市   700,000円   事前に相談が必要 
箕面市   400,000円   着手前に申請が必要 
豊中市   700,000円    
四条畷市   600,000円 募集終了 事前協議が必要
大東市   900,000円   事前協議・相談が必要

※詳細については、自治体名をクリックの上、各自治体HPもご確認ください。
※補助対象件数に達し次第締め切りとなります。

住宅耐震改修工事費補助における戸建住宅の補助額が「定額」となりました。各市町の上乗せ補助についてはこちらをご参照ください。

工事費用  50万円~ 100万円~   200万円~ 300万円~ 
補助金額  300,000 500,000円 800,000円   1,000,000円

※シェルター型工事や屋根軽量化工事への補助金もあります。
※詳細については、自治体名をクリックの上、各自治体HPもご確認ください。

  • 京都府
自治体名  補助金額  補助限度額  申込期間  募集件数 備考
京都府 4分の3 900,000円     耐震改修設計及び耐震改修工事
に要する費用が対象
京都市 2分の1 600,000円 平成28年4月11日(月)~
平成28年3月16日(木)まで
  (※)
事前申込が必要
京田辺市 4分の3 1,000,000円 先着順 14件 事前に相談が必要

(※)密集市街地や細街路における木造住宅について,耐震改修工事と併せて一定の防火改修工事を行う場合に、補助額が最大60万円上乗せされます。
(※)昭和25年11月22日以前に着工された木造住宅については、京町家等耐震改修助成事業が利用できます。

※詳細については、自治体名をクリックの上、各自治体HPもご確認ください。
※補助対象件数に達し次第締め切りとなります。 

  • 三重県
自治体名 補助金額 補助限度額  備考
三重県  3分の1  300,000円   
津市   1,011,000円  
四日市市   1,011,000円 事前に申請が必要
伊勢市   1,011,000円 契約前に申請が必要
伊賀市   1,116,500円  

※詳細については、自治体名をクリックの上、各自治体HPもご確認ください。
※耐震改修と同時にリフォーム工事を行った場合、リフォーム工事へも補助金が受けられる場合がございます。
※補助対象件数に達し次第締め切りとなります。 

  • 和歌山県
自治体名 補助金額 補助限度額  備考
和歌山県 耐震改修費の2/3+α 60万円+α
(α:国の上乗せ補助)
契約の前に申し込みが必要

※詳細については、自治体名をクリックの上、各自治体HPもご確認ください。
※補助対象件数に達し次第締め切りとなります。


※対象となる住宅には条件がございます。また、募集期間や件数等はお住まいの自治体によって異なります。上記以外の地域でも補助金制度がある場合もございますので、詳細はスタッフにご確認ください。